平成26年3月8日(土) 平成25年度亀山市地域福祉講演会を開催しました!

 地域福祉計画の基本理念の「ともに支え合い、いきいき暮らすまち亀山」の実現に向けて、地域の皆様と一緒に推進していくため、市と共催で開催し99名の方に参加していただきました。

講演

 中部学院大学の大井智香子准教授を講師に招き、「地域福祉活動-支え合いとつながりあいが未来を創る」をテーマに、「福祉の意味」や「地域社会が注目される背景や地域福祉の課題」「地域の人材を活かしたこれからのまちづくりに何が必要なのか」などについてお話いただきました。

 

実践発表

 実践発表では、鈴鹿医療科学大学の蒔田勝義准教授によるコーディネートのもと、北東地区コミュニティより子育ち・子育て支援を行っている「なかよしサロン」を中心に福祉部の活動を報告いただき、また泉ヶ丘・富士ハイツ地区コミュニティより男性だけで行っている「男のやさしい料理教室」を中心に活動報告をしていただきました。

 

参加者の声

 参加者からは、「気づいた人が声を掛け合うことが第一歩。」「自分たちから気づいて動いてやっていくことが大切だとわかりました。」「他地区の様子がよくわかり地元に持ち帰って活動にいかしたい。」など地域福祉への関心の高さが伺えるご意見をいただきました。

  

This entry was posted in お知らせ. Bookmark the permalink.

Comments are closed.