平成26年度夏休み中学生福祉体験教室を開催しました

亀山市内の中学生を対象に、福祉に対する理解を深めてもらおうと、

亀山市内の各福祉施設(17施設)にご協力いただき、 夏休み中学生福祉体験教室を開催しました。

 

8月18日から22日(5日間)に参加した生徒述べ138名は、

各施設職員の指導のもとで一日を過ごし、高齢者や障がい者の方々

とのふれあいや交流を通して、福祉への関心を高めました。

 

 

 

参加した生徒のみなさんからは、次のような感想をいただきました。

 

・リハビリ室は、ただリハビリをするだけの場所ではなく、コミュニケーションを

 図る大切な場所だと思った。

・将来自分の家族が介護を必要とする生活になった場合、どういう行動をしたらい

 いのかとても勉強になった。

・自分たちは当たり前のように毎日を過ごすことができているが、介護されている

 方はその毎日に苦労することが多い。でもこうした住みやすい場所(施設)があ

 るということはとても素敵なことだなと思った。

 

など、印象に残ったことや学んだことが数多くあり、ご紹介しきれないほどです。

これからも亀山市内の子供たちに福祉について考え、感じられる機会を持ってもらえるよう、地域の協力のもと福祉教育を推進していきます。

 

 

 

 

This entry was posted in お知らせ, 登録なし. Bookmark the permalink.

Comments are closed.