亀山市立関中学校において車いす贈呈式が行われました

 2月26日(水)、関地区内の社会福祉施設を対象に関中学校体育館に招き、全校生徒による車いす贈呈式が執り行われました。

 関中学校では、10年以上前からアルミ缶回収の取り組みを行われており、今回、その収益金を用いて10万円分の車いすを購入し、各施設に1台ずつ贈呈されました。

 生徒の代表は、「塵も積もれば山となる。自分たちがコツコツと取り組んできた結果が、こうして社会の役に立つことが嬉しい。」とあいさつをし、贈呈を受けた施設からは、「車いすは身体の不自由な方々にとって、自分らしく生活するために不可欠なもの。大切に使わせていただきます。」「今回の贈呈式をきっかけに、施設と学校、地域との交流をより深めていきたい。」といったご意見をいただきました。

 

今回車いすの贈呈を受けた施設(順不同)

 特別養護老人ホーム 華旺寿 様

 花しょうぶ苑 関センター 様

 亀寿苑関デイアップセンター 様

 グループホーム はなの家 様

 なかまの部屋 様

 

 今回の贈呈式に際し、関中学校の皆様、地域の皆様、施設の皆様には厚くお礼申し上げます。

This entry was posted in お知らせ, 登録なし. Bookmark the permalink.

Comments are closed.